健康、美容、暮らし
*

満島真之介がマサイ族の戦士に!「名前はレファニ」(東スポWeb)

(公開: 2018年09月30日)




[ 元の記事 ]
出典元: トークショーに出席した満島真之介

俳優の満島真之介(29)が28日、東京・港区の「メルセデス ミー 東京」で行われた「MONTBLANC 1858 NIGHT with『GQ JAPAN』」トークショーに出席した。

 筆記具で知られるスイスのメーカー「モンブラン」は1997年から本格的高級時計製造に進出。「モンブラン 1858」は同社の代表的シリーズで、満島は新作「モンブラン 1858 ジオスフェール」(本体価格71万円)を着用し、新作発売記念を祝った。

 トークショーには雑誌「GQ JAPAN」の鈴木正文編集長が同席。「1858」シリーズの精神である「山岳探検のスピリット」をテーマに行われた。

 満島は「あまり時計を着けるタイプではなかったのですが、大人になった気持ちです。作り手の愛情を感じました」と新作の着け心地を語る。

 20歳の時には全国を回る旅に出た。

「考える前に飛べ!というタイプなんです。行っちゃえばいいと思っています。旅に出てから役者という仕事に挑戦したいと思った。先月はケニアに行って、マサイ族の人たちと交流してきました。『レファニ』という名前をいただきました」

 レファニの意味は「ファニーボーイの意味です。面白い友人として、戦士として迎えてくれました」と満島はうれしそうに明かした。

 30代を迎える心持ちは「ワクワクしています。ウソをつかない自分になりたい。自分を超えたいですね。飛びたいと思った瞬間に飛べるように、自分をさびないようにしておきたいですね」と語った。