健康、美容、暮らし
*

「節約したくて万引き」する主婦たち。その影にある夫婦問題とは(女子SPA!)

(公開: 2018年10月01日)




[ 元の記事 ]
出典元: (女子SPA!)

万引きは言うまでもなく犯罪です。でも、その罪を犯した人の中には「万引き依存症」に悩む人がいることはご存じでしょうか。

 東京・大田区にある大森榎本クリニックの精神保健福祉部長(精神保健福祉士・社会福祉士)で新刊『万引き依存症』の著者である斉藤章佳氏は「万引き依存症には女性、しかも主婦が多い」と指摘します。なぜ多くの女性は、いけないとわかっていながら万引きを繰り返してしまうのでしょうか。

※以下、『万引き依存症』より一部を抜粋し、著者の許可のもと再構成したもの。

◆なかでも30~50代、60歳以上が多い

 万引き依存症から抜け出したくて当クリニックまでたどり着いたのは、どんな人が多いのか。2016年の専門外来開設以来受け入れてきた217人の実態を紹介します。

 まず男女比ですが、当クリニックの場合は圧倒的に女性が多いです。年齢層では29歳以下の若年層は少なく、30~50代の働きざかりの世代、そして60歳以上の高齢者層が多いのが特徴です。

 生活状況を見ると、家族と同居している人が過半数を占め、現在夫・妻がいる人も同じく半数以上になります。大まかにいうと家庭人が大多数で、女性にかぎっていえば主婦が多いです。

 ここからは当クリニックで聞き取った、典型的なストーリを交えながら人が万引き依存症になるきっかけを探ります。

◆「節約」から万引き依存症に――40代女性・Eさんの場合

「俺たちも早めに家を建てないとな」「そのためには、毎日の出費をしっかり引き締めていこう」「頼んだぞ」――夫にそう言われた日から、主婦であるEさんの頭から「節約」の二文字が消えることはありませんでした。

 雑誌の節約レシピを熱心に見たり、スーパーやドラッグストアで底値をチェックしたり、できるかぎりのことをしていたある日、買い物かごに入れるべきドレッシングの瓶を無意識に手提げバッグに入れてしまいました。

 気づいたのは店舗をあとにしてからのこと。Eさんは一瞬あわてましたが、そのままもらっておくことにしました。<私は毎日、節約をこんなにがんばっているんだから、このぐらい許されるよね。ドレッシング代が浮いたし、これも節約になる……>と自分に言い聞かせながら。

 以後、Eさんはスーパーで買い物をするたび、何かしらの商品を一点バッグに入れ、レジを通さずに店を出ることになりました。しかしほどなくして、その品数は増えていきました。

「節約したくて万引きをはじめた」

 これは、女性の万引き依存者にみられる代表的な動機です。現在、当クリニックに通っている1割強が、節約がきっかけで万引きをはじめたと言っています。「平成26年版 犯罪白書」の「前科のない万引き事犯者 動機」という調査結果によると、女性は29歳以下をのぞくすべての年代で、「節約」が1位。しかも65歳以上は78・6%と非常に高い割合を占めています。

 この問題を考えるうえでのキーワードは「日常」です。

 Eさんの場合は、夫が軽い気持ちで言ったことを本人が深刻に受け止めたのが事のはじまりでした。

◆節約という名の「経済的DV」が女性たちを追い込む

 節約を夫から強要されるケースもあります。主婦・Fさんの夫は、Fさんの財布からレシートを抜き出しチェックし、もっと出費をおさえられたはずだと彼女を罵りました。経済的DVです。

 Fさんがいくら節約に努めても、夫は一切認めません。こんなにがんばっているのに――そう思いながら、Fさんははじめての万引きをしました。

 また、夫にギャンブル癖があるなどの理由から節約せざるを得ない状況に追い込まれることも。

 専業主婦のGさんの夫には、ギャンブルで作った借金がありました。深刻な額ですが、それでも夫はギャンブルをやめませんでした。Gさんが1円単位で切り詰めても、夫は3万円、5万円と平気でギャンブルに使ってしまいます。そのうえ夫の母親の介護、息子の結婚式の準備など、家庭関係のタスクがすべてGさんの方にのしかかっていました。

 夫とお金のことで口論になるたびにスーパーでちょっとしたお惣菜を盗む。そうすると心がスッと軽くなることにGさんは気づきました。おまけに食費の節約にもつながります。

 こうしてみると、彼女たちが万引きをはじめたのは、節約そのものではなく、その背景にある「夫」がきっかけとなっていることがわかります。さまざまな依存症を治療する現場に長年携わってきて、私は依存症の問題をたどっていくと必ず人間関係に行き当たると考えるようになりました。なかでも多いのが家庭内における家族との人間関係です。

 一見、問題なさそうな家庭にも依存症の種あり。なにかきっかけがあれば、芽吹いて、成長していくのです。

【斉藤章佳 プロフィール】

1979年生まれ。精神保健福祉士・社会福祉士/大森榎本クリニック精神保健福祉部長。大学卒業後、アジア最大規模といわれる依存症施設である榎本クリニックにて、アルコール依存症を中心に薬物・ギャンブル・性犯罪・クレプトマニアなどさまざまなアディクション問題に携わる。2016年から現職。専門は加害者臨床。著書に『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)など。

<文/斉藤章佳>



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。