健康、美容、暮らし
*

北海道地震、絶望の中で救ってくれた「音のある心強さ」と「エンタメの力」(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年10月01日)

[ 元の記事 ]
出典元: ラジオが心を救ってくれた(写真はイメージです)

近年はSNSの充実で、地方からも全国的な人気を獲得するコンテンツが誕生している。これからも確実に地方からスターは生まれ、それらの命は、東京のエンタメ観では見つけられない場所で産声をあげています。そんな輝きや面白さを、いち早く北海道からお届けします(北海道在住フリーライター/乗田綾子)

 北海道を襲った『北海道胆振東部地震』の発生から、もうすぐ1か月が経過しようとしています。

 この1か月、メディアではこの地震に関する映像がかなり放送されましたが、中でも報道を見守ってくださっていた方々にとって、衝撃的だった光景の一つは“真っ暗になってしまった街並み”だったのではないでしょうか。

 今回の北海道胆振東部地震では、火力発電所のトラブルと連鎖的な緊急停止により、日本では初のブラックアウト(大規模停電)が発生。

 北海道のほぼ全域にあたる約295万戸が停電となり、地震で大きな被害や揺れのなかった場所でも最大2~3日、大事なライフラインが失われた生活を送ることになりました。

 あれから1か月。北海道に住み、強い揺れとブラックアウトを経験した当事者でもある自分が、今振り返って思い出すことといえば、実は被災前にはまったく想像していなかった、“備え”の偉大さでした。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。