健康、美容、暮らし
*

「傷病手当も失業手当も出ないと言われて」卵巣がん患者が語る、がんとお金の話(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年10月02日)




[ 元の記事 ]
出典元: 大塚美絵子さん

がんを診断された人の約3割は40~50代で、いわゆる働き盛りが占めていることをご存じだろうか。仕事や家庭での責任が重くなる年代で病魔に襲われた場合、多くの“対処すべきこと”が一気に押し寄せる。

【この記事のすべての写真を見る】

 ここに登場する、卵巣がんを患った大塚美絵子さん(57)のように、おひとりさまで高齢の親を抱える身となれば、なおさらだ。なかでも、お金の問題は安心して治療に専念するうえでも特に重要だろう。大塚さんに、自らの経験をもとに「がんとお金」について語ってもらった。



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。