健康、美容、暮らし
*

<ヤバ女列伝>工藤静香が『女が嫌いな女』1位になっても幸福の中にいる理由(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年10月02日)

[ 元の記事 ]
出典元: 工藤静香

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「良いヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

【プライベート写真】工藤静香と木村拓哉のサーフィンデート、Koki,の幼少期など

第7回 工藤静香

『週刊文春』主催の企画「女が嫌いな女ランキング2018」で、トップに輝いた工藤静香。クイーンに輝いたのは今回が初めてですが、もとから女性に人気があるタイプではないように思います。

 そもそも、工藤サンは女性ウケを気にしていないのではないでしょうか。

 ソロデビューしてまもなく、『FU-JI-TSU』を歌っていた頃の工藤サンが『ザ・ベストテン』(TBS系)に出演した時のこと。結婚の話題となり、「どんな結婚式がしたいか?」と聞かれた工藤サンは「結婚式に限らず、すべて旦那さんに任せて、好きなようにしてほしい」と答えます。「夫に浮気をされたらどうしますか?」という質問には「自分に魅力がないんだから、しょうがないんじゃないですか?」とオトコを責めず、すべてオトコに合わせるスタンスを明らかにします。

 その一方で、おニャン子クラブ時代を振り返る際、「コンサートの時に静香だけ、どうしてレーザービームを使うの? って言われた」など、オンナに嫉妬された話を必ずといっていいほどする。

 また、オトコを盗ることもやぶさかでなさそうです。工藤サンは一時、中山美穂と親しいアピールをしていましたが、突然お互いの名前を出さなくなります。その理由は、トシちゃんこと田原俊彦。当時、中山美穂と交際し、結婚も秒読みと言われていました。『新春かくし芸大会』(フジテレビ系)で三人は共演しますが、なぜかトシちゃんと工藤サンが現場で手をつないでおり、それを中山美穂が目撃したことで、工藤サンと決裂したという記事を週刊誌で読みました。

 自慢も多い。

『Matthew’s Best Hit TV』(テレビ朝日系)に出演した工藤サンは、「どんな料理が得意ですか?」と聞かれ「わかんなぁ~い」と答えます。料理が苦手ということでは決してなく、「だって、冷蔵庫にあるもので、な~んでも作っちゃう人だからぁ」と付け加えます。これって「なんだって作れる」「しかも、全部おいしいから、どれが得意料理かは決められない」という手の込んだ自慢と言えるでしょう。

 マウンティングもする。

 2児を出産し、仕事を控えていた工藤サンですが、2006年に『明石家さんちゃんねる』(TBS系)に女優・飯島直子とレギュラー出演を果たします。二人は「仲良し」という触れ込みでした。当時、飯島はTUBEの前田亘輝と離婚してバツイチだったわけですが、そんな飯島に向かって、

「ぜひ、出産と育児を経験してほしい」

「子育てに比べれば、男女の愛なんて小さい」

 とのたまうのです。こんなことを言ったら、飯島がリアクションに困るとは思わないのでしょうか。飯島が笑顔ながらも、無言だったのか印象的でした。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。