健康、美容、暮らし
*

加藤和樹の実直で素直な一面「できないことを“できない”と言える人間でありたい」(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年10月03日)




[ 元の記事 ]
出典元: 加藤和樹 撮影/森田晃博

夢と希望を乗せて出港した世紀の豪華客船、タイタニック。しかしその船は多くの乗客とともに沈没してしまう。ミュージカル『タイタニック』はこの史実をもとに、さまざまな乗客や乗組員たちのドラマを綴っていく群像劇だ。3年前に好評を博したトム・サザーランド演出の本作が、待望の再演を迎える。なかでも印象深いのは、船の設計士、アンドリュースという人物。ストイックで仕事にすべてを捧げ、高潔で誠実なキャラクターは、演じる加藤和樹さんのイメージにぴったり。だが、加藤さん自身は「似ていると思う部分は少ない」と言う。

「アンドリュースはすごく完璧主義なんですが、僕はそんなに細かいところは気にしないので(笑)。共通しているのは、ゼロから何かを生み出す仕事をしているところでしょうね。生みの苦しみやできあがったときの喜び、それがお客様の目に触れたときの感動みたいなものは、すごくわかる気がするんです。できたからといって終わりではない、航海を終えるまでは、という思いもわかる。僕の場合も、曲を作ったらそれで終わりではないんです。お客様の前で披露して、それから曲も育っていくものだから。そういう部分で似ているところはありますね」

 観劇時は、ぜひとも開場とともに客席に着いてほしい。開演前の舞台に、設計図に向かうアンドリュースの姿があるからだ。

「初日あたりは“この時間が永遠に続くんじゃないか”というくらい長く感じたんです(笑)。30分が2時間くらいに思えて。でも、これは芝居の中で描かれていない部分のアンドリュースで、こうやってタイタニック号は生まれたんだとお客様に想像してもらい、物語に導く役割も担っているんです。そう考えたら楽になりました。

 彼は気になったことをすぐにメモしていたので、そういうことを書きなぐったり、設計のアイデアを考えたりしていたら、あっという間に時間がたつようになりましたね」

 アンドリュースにとって、タイタニックは“すべて”だったと感じているという。

「タイタニックが沈むとなったとき、彼はひとりだけ冷静に“何が原因なのか”を探りにいきます。設計図ともう1度向き合って“もっとここをこうしていれば!”と悔やむんですけど、端から見れば“よくその状況でそんなことを思えるな”と驚きますよね。でも彼の行動は、すべてがタイタニックのため。そこまで夢中になれるものがあるというのはすごいな、と思います」



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。