健康、美容、暮らし
*

桂文枝、75年の人生を綴る自伝「風に戦いで」(お笑いナタリー)

(公開: 2018年10月06日)




[ 元の記事 ]
出典元: 桂文枝「風に戦いで(かぜにそよいで)」表紙

桂文枝の自伝「風に戦いで(かぜにそよいで)」(ヨシモトブックス)が10月25日に発売される。

【写真】桂文枝(メディアギャラリー他1件)

芸能生活50周年を超えた今もなお現役の落語家として幅広いフィールドで活躍する文枝。本書では落語への思い、友人との出会い、母への感謝などを綴り、これまでの人生75年を自らの手であますところなく書き上げた。

文枝は1966年、三代目桂小文枝に入門。創作落語を定期的に発表するグループ「落語現在派」を旗揚げし、今日までに285以上の作品を発表している。2度の文化庁芸術祭大賞、芸術選奨文部科学大臣賞など受賞し、2006年には紫綬褒章、2015年には旭日小綬章を受章した。



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。