健康、美容、暮らし
*

山口智充やノンスタ石田が演じる、やしきたかじんに影響与えた人物(お笑いナタリー)

(公開: 2018年10月07日)

[ 元の記事 ]
出典元: ドラマ「なめとんか やしきたかじん誕生物語」に出演する、山口智充。(c)関西テレビ

11月20日(火)にドラマ「カンテレ開局60周年特別番組 なめとんか やしきたかじん誕生物語」(関西テレビ)が放送され、山口智充、NON STYLE石田らが出演する。

【写真】「なめとんか やしきたかじん誕生物語」(c)関西テレビ(メディアギャラリー他7件)

このドラマは、歌手やタレントとして活躍しながらも2014年に64歳で亡くなったやしきたかじんの下積み時代から晩年までを描く2時間。たかじん役を主演の駿河太郎が演じる。山口は、たかじんの大学時代のバイト先のオーナー・佐々木役。この役を演じるにあたり、山口は「佐々木さんという方は本(=たかじんの著書)を読ませていただいて知りました。ご本人は、写真を見るとオールバックの方で、人となりも太陽のように明るくて豪快な人で、面倒見もよい人物のようで『じんちゃん(=たかじん)をなんとかしてやろう』と思っている人。自分的には入りやすいと思いました」と役柄の印象を語る。

ノンスタ石田は、たかじんの高校時代の親友で、後にたかじんへ歌詞を提供する作詞家・山崎役。実際にたかじんの番組の前説を務めていた石田は「楽屋に挨拶に行ったら、シャンパンやワインがテーブルに広がっててビックリしました。『うわっ!これが芸能界か?』って。セリフで『たかじん!』って呼ぶところがあるんですけど、油断すると『たかじんさん』って言うてまうんです」と語るほか、自身の役柄について「作品を生み出すのが苦しい時期の(作詞家・山崎の)葛藤はわかる気がします。僕もネタを相方に渡したりするけれど、渡すときのドキドキ感とかありますから」と共感する部分を明かす。

ドラマには彼らのほか、桂ざこば、オール巨人、大平サブロー、トミーズ健、TKO木本、月亭八光、安田大サーカス団長安田、オーケイ岡山ら、たかじんに縁のある人物が登場。主演の駿河は「たかじんさんとゆかりのある方々もたくさん出てくださいますし、本当に1シーンとか2シーンだけでこんな人らが出てきてくれんねんや、っていうようなことになってて。そこにいられることが僕は幸せですし、たかじんさんのことが好きやった視聴者の方も楽しめる作品になるのではないかと思っております」とアピールした。

■ カンテレ開局60周年特別番組 なめとんか やしきたかじん誕生物語
関西テレビ 2018年11月20日(火)19:00~20:59
<出演者>
駿河太郎 / 中村ゆり / 大東駿介 / 山口智充 / 西村和彦 / NON STYLE石田 / 桂ざこば / オール巨人 / 大平サブロー / 秋野暢子 / トミーズ健 / 遙洋子 / TKO木本 / 月亭八光 / 三船美佳 / 村川絵梨 / 安田大サーカス・団長安田 / オーケイ岡山 ほか






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。