健康、美容、暮らし
*

塩なのに塩分50%カット?「減塩しお」のしくみ(All About)

(公開: 2018年10月08日)

[ 元の記事 ]
出典元: 「“塩”なのに“減塩“ってどういうこと?」と思っている人もいるでしょう。そこで「減塩しお」の仕組みと上手な減塩の仕方をご紹介します

「“塩”なのに、“減塩”とは?」不思議に思っている人も多いのではないでしょうか。ヒントは、中学校の理科の時間に習う「塩化ナトリウム」です。

通常、わたしたちが知っている「食塩」は、99%が塩化ナトリウムでできています。なぜ100%ではないかと言うと、海水からつくることが多いので、どうしても他のミネラル分等が1%ほど残ってしまうからです。この残留ミネラル等の味が粗塩の味を決めていると言われています。

「減塩しお」とは、この塩化ナトリウムの比率を減らしています。しかし、ナトリウム以外のミネラルの比率ばかり上がってしまうと、本来の塩の味ではない雑味ばかりが強いものになってしまいます。

そこで実は塩化ナトリウムと同じような塩味を感じる「塩化カリウム」を加えることで減塩をしているのです。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。