健康、美容、暮らし
*

サンドのコント「ファミレス」が絵本化、言い間違いボケの応酬を子供にも(お笑いナタリー)

(公開: 2018年10月17日)

[ 元の記事 ]
出典元: 絵本「マイク・デービス」の表紙。

サンドウィッチマンのコント「ファミレス」を題材とした絵本「マイク・デービス」(岩崎書店)が来月11月10日に発売される。

【写真】絵本「マイク・デービス」より。(メディアギャラリー他4件)

「ファミレス」は、富澤扮する留学生のマイク・デービスが、アルバイト先のファミレスで研修を受けるコント。日本語の言い間違いや聞き間違いを連発するマイクに伊達扮する店長がひたすらツッコむ人気ネタだ。

この絵本は放送作家・倉本美津留が監修しており、イラストは杉崎貴史が担当。「なんめいさまで おこしですか?」「なんめいさまの みこしですか?」といった日本語のズレから生じる笑いが子供でも楽しめる。

※杉崎貴史の「崎」は「たつさき」が正式表記。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。