健康、美容、暮らし
*

ロッチ中岡「映画ドラえもん」声優抜擢で毎日のど飴、サバンナ高橋は3年連続(お笑いナタリー)

(公開: 2018年10月17日)




[ 元の記事 ]
出典元: 「映画ドラえもん のび太の月面探査記」製作発表会見の様子。 (c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019

「映画ドラえもん」シリーズ最新作「映画ドラえもん のび太の月面探査記」に、ロッチ中岡とサバンナ高橋がゲスト声優として参加する。

【動画】「映画ドラえもん のび太の月面探査記」スペシャル映像(メディアギャラリー他8件)

「のび太の月面探査記」では、ドラえもんたちが月を冒険。のび太はひみつ道具「異説クラブメンバーズバッジ」を使って月の裏側にウサギ王国を作り、不思議な転校生・ルカと共に王国へ行くこととなる。中岡はキャンサー、高橋はクラブなるキャラクターの声を担当。2人とも敵の兵士という役どころだ。

本日10月15日には都内で「のび太の月面探査記」の製作発表会見が開催され、中岡と高橋が出席した。中岡は「このお仕事が決まってから毎日欠かさずのど飴を舐めております。微力ながらドラえもんにご協力させていただきます」と挨拶。また3年連続で「映画ドラえもん」の声優に抜擢された高橋は「夢のよう。思い返せば去年の『のび太の宝島』の舞台挨拶で『来年も出たい』と言ったらスネ夫に『パパの友達の映画プロデューサーに相談してあげてもいいけど』って言われたんです。それのおかげなんじゃないかと(笑)」と分析した。

本作の脚本を手がけるのは、「ドラえもん」の大ファンを公言している直木賞作家・辻村深月。彼女が描くストーリーについて高橋は「ドラえもんが好きな辻村先生が書くとこんなことになるのかと! ファンとしては興奮が止まらない」「転校生がやってきて物語の鍵になるのが斬新でワクワクします」とテンション高く語っている。

イベントの司会から「月でどんなチャレンジをしてみたいか」と質問された中岡は「ジャイアンと無重力の状態でゴムパッチン。あとは、のび太と乳首相撲」と回答。のび太の声を担当する大原めぐみは「丁重にお断りさせていただきます!」と返して会場の笑いを誘っていた。

「映画ドラえもん のび太の月面探査記」は来年2019年3月1日(金)に全国公開される。なお本日の記者会見にはゲスト声優の広瀬アリス、柳楽優弥、吉田鋼太郎、レギュラーキャストの水田わさび、かかずゆみ、木村昴、関智一、監督の八鍬新之介、脚本の辻村深月、主題歌を担当する平井大も登壇した。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2019



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。