Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/elf66/dineromagico.com/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533
健康、美容、暮らし
*

赤ちゃんの死は「負け」じゃない。NICUに流れる濃密な時間(BuzzFeed Japan)

(公開: 2018年10月20日)

[ 元の記事 ]
出典元: しゅんたろう君の命日に、神奈川県立こども医療センターを家族と訪れたお姉ちゃん

お腹の中で赤ちゃんが育たなかったり、生まれて間もなく亡くなったりすることがある。医学が進歩しても、医療者が手を尽くしても、家族が祈り続けても、救えなかった命がある。その現場で、赤ちゃんにこう語りかける医師がいる。「生き切ったね」と。【BuzzFeed Japan / 小林明子】

祖母と生き、23歳で死を選んだ孫。二人を撮った写真家は思う

神奈川県立こども医療センターは、1992年に日本で初めて小児専門病院に産科が設置された基幹病院で、高度で専門的な医療を提供する「総合周産期母子医療センター」にも指定されている。この小児病院のNICUには年間400人の赤ちゃんが入院し、およそ30人の赤ちゃんが命を終えている。

出産の幸福や祝福のオーラに隠れた、知られざる悲しみの現場。著書『産声のない天使たち』(朝日新聞出版)で赤ちゃんの死をルポした週刊誌AERA記者の深澤友紀さんと、このセンターを訪ねた。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。