健康、美容、暮らし
*

渡辺美奈代 初舞台の長男に“溺愛”アドバイス(東スポWeb)

(公開: 2018年10月27日)




[ 元の記事 ]
出典元: 渡辺美奈代の長男・矢島愛弥

元「おニャン子クラブ」渡辺美奈代(49)の長男でタレントの矢島愛弥(やじま・まなや=21)が27日に初日を迎える「デストロイヤー花」(東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!)に出演する。直前稽古に励む矢島が初舞台への意気込みと、母の溺愛エピソードを明かした。

「デストロイヤー花」は女優・奥村佳恵(29)、芳本美代子(49)らを迎え、オーディションで選ばれた若い才能を開花させる企画「次世代PROJECT!!」の第1弾。架空の国「ニッポン」にある遊郭を舞台に、女郎姿の女たちの生きざまや恋の葛藤や、3人のデストロイヤーとの戦い、そこに隠された真実と絆が明らかになるガールズ系オリジナルミュージカル。矢島はデストロイヤー役での出演となる。

「こんなに分厚い台本なんか初めてだし、漢字も読めない」と途方に暮れた矢島。それでも「スタッフさん、キャストのみんなが一から教えてくれた。初舞台がここで良かった」と笑った。また、バラエティー番組で母・渡辺の溺愛エピソードを公表してきた矢島は、舞台についても母からアドバイスを受けたという。それは、台本に出番を分かりやすくする付箋(ふせん)の貼り方。しかし「全部同じ位置に貼ってしまって、どこが出番だか分からなくなって」と失敗談を打ち明けた。

 直前稽古では、初舞台とは思えないほどの等身大で自然な若者像を披露。矢島は「劇中のラップシーンも見どころです」と胸を張った。

 舞台「デストロイヤー花」は11月4日まで。多彩な特典がついたクラウドファンディングも実施中だ。



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。