健康、美容、暮らし
*

山本彩 卒コンで大田夢莉らとキス「今日、めっちゃチューするやん、私」(東スポWeb)

(公開: 2018年10月28日)




[ 元の記事 ]
出典元: 卒業コンサートを行った山本彩

アイドルグループ「NMB48」のキャプテン・山本彩(25)が27日、大阪・吹田市の万博記念公園で卒業コンサート「SAYAKA SONIC~さやか、ささやか、さよなら、さやか~」を開催した。

 公演が始まると、後方のステージに山本が登場。150メートル超の“花道”を歩き「初めての星」でスタートを切った。“雨女”として知られるが「心配だった雨も上がりました。皆さんの応援のおかげです」とニッコリ。卒業シングル「僕だって泣いちゃうよ」などアンコールを含む全36曲全てを歌い上げ、駆けつけた約3万人のファンを魅了した。

 公演には山本と同期の渡辺美優紀(25)、百花(21=木下百花から改名)など1期生メンバーらも集結。渡辺は「僕はいない」を熱唱した後のMCで「彩ちゃん、お疲れさま。彩ちゃんとこうしてステージに立つと思ってなかったので、個人的にはうれしかったです」と語った。

 一方、百花が出演した「プライオリティー」では、山本と百花が恋人役の太田夢莉(18)を奪い合い、山本が太田にキス。女性ファンを中心に悲鳴ともつかない声が上がり、大いに盛り上がった。百花は山本にキスしたかったらしく、アンコールで再び登壇した際に「さやねぇ、好きだよ」と山本にキス。山本は「今日、めっちゃチューするやん、私」と笑った。

 あいさつに立った山本は、NMB48での8年間を「一日一日が色濃くて、夢中で走り続けていたら8年がたっていました」と回顧。音楽を仕事にしたいと思いながらも挫折を経験し、一度はその夢を諦めたが「もう一度、歌うことを許してくれたのがNMB48でした。だから8年間、NMB48に全てをささげてきました」と振り返り、こう続けた。

「楽しいことだけじゃなくて、つぶれそうになることもあった。今日まで頑張ってこれたのもメンバー、スタッフ、そして、何よりも、私を支えて励ましてくれたファンの皆さんのおかげです。感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございます。皆さんにはこれからも人生をかけて恩返しさせてください。NMB48に入って本当に良かった。メンバーの道しるべとなれるようにこれからも頑張っていきます。これからもNMB48、山本彩を末永くよろしくお願いいたします」

 最後は「青春のラップタイム」をメンバー全員で歌い、締めくくった。山本は11月4日にNMB48劇場で卒業公演を行ない、グループを卒業する。



コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。