健康、美容、暮らし
*

ケツメイシ「“ジュリー現象”は避けられた」初のドーム公演超満員に感謝(東スポWeb)

(公開: 2018年10月29日)

[ 元の記事 ]
出典元: 初のドーム公演を行った「ケツメイシ」

4人組ヒップホップグループ「ケツメイシ」が28日、埼玉・所沢市のメットライフドームで、デビュー18年目にして初のドーム公演を行った。

 この日は2日公演の最終日で、2日合計7万人を動員した。両日ともにチケットは完売で、超満員の観客がアリーナ、スタンドを埋め尽くした。

 この光景を見たMCのRYO(45)は「(開演前の)12時くらいにお客さんが来るかな、7000人しか来なかったらドタキャンして帰ろうかなとメンバーと言っていたんですけど、ステージの上から見る限り、どうやら“ジュリー現象”は避けられたようで、ありがとうございます」。

 ライブでは24日にリリースした新アルバム「ケツノポリス11」に収録されている「カンパイの唄」や、ヒット曲「友よ~この先もずっと~」など23曲をパフォーマンス。観客と一緒に盛り上がった。

 新アルバムは発売から4日連続でオリコンデイリーランキング1位を獲得している。RYOは「ジャニーズとAKBがないからね。隙間産業です」とジョーク交じりに話した。

 リーダーの大蔵(42)が「無事に何事もなく終わって良かったなと、ホッとした感じのほうが大きいです」とドーム公演を振り返ると、RYOは「(客席から)グルッと囲まれている感じがして、辱めがありました。M男的にはたまらない。(お漏らししちゃいそうで)お股のクラシアンが必要です」とまたまたボケた。

 今年最初で最後の単独ライブを終えたケツメイシは、来年3月から11都市20公演の全国ツアー「KTM TOUR2019 荒野をさすらう4人のガンマン」を行う。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。