健康、美容、暮らし
*

高橋一生の“サルの毛づくろい”に女性視聴者がキュンキュン!/「僕キセ」第3話(トレンドニュース(GYAO))

(公開: 2018年10月30日)

[ 元の記事 ]
出典元: カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)

カンテレ・フジテレビ系列ドラマ「僕らは奇跡でできている」(毎週火曜21時~)の第3話が、10月23日に放送された。相河一輝役を演じる高橋一生が行った“サルの毛づくろい”が、「キュンキュンする」と話題になっている。

・【無料配信】高橋一生 主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」最新話を配信中>>

動物の行動を研究する“動物行動学“の大学講師を務める相河一輝は、空気が読めない超マイペース人間だった。そんな相川が“こじらせ“女性歯科医・水本育実(榮倉奈々)ら他の登場人物を巻き込み、影響を与えていく。

第3話で相河は、サル山のボスが変わる場面を見届けるため動物園に通っていた。相河のことが気になる女子生徒・琴音(矢作穂香)は、偶然を装いサル山の前で話しかけた。すると相河は、いつものように動物講義を始める。素直に聞く琴音に対して、サルの毛づくろいのジェスチャーを交えながらオスとメスの恋愛について語った。

ただ単にサルの説明がしたかっただけの相河と、毛づくろいのジェスチャーで相河に触れられてドギマギする琴音。これにネット上では、「キュンキュンする」「琴音ちゃんになりたい!」「マイペースって罪」といった声があがっている。相河が鈍感だからこそ生まれた胸キュンシーンのようだ。

映像配信サービス「GYAO!」では、「僕らは奇跡でできている」の各話テレビ放送終了直後から無料見逃し配信を実施している。また、物語をつなぐ特別ドラマであるチェインストーリーも独占配信中。チェインストーリー第3.5話では、アリが大好きな大学講師・沼袋(児嶋一哉)が、育実のある行動に思いを巡らせる。

(文/沢野奈津夫@HEW)






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。