健康、美容、暮らし
*

ジャーナリスト・安田純平さんが会見(全文3)“会話中にトイレ” 他人が見せしめに拷問(THE PAGE)

(公開: 2018年11月04日)

[ 元の記事 ]
出典元: [写真]武装組織に拘束されていた間の様子を説明する安田さん

シリアで武装勢力に拘束され、3年4か月ぶりに帰国したフリージャーナリストの安田純平さんが、11月2日午前11時から東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「シリアで拘束・解放の安田純平さん、帰国後初の記者会見(2018年11月2日)」に対応しております。

     ◇     ◇

安田:これが非常に大きな施設なんですけれども、独房で、このときの部屋は幅1.5メートルぐらいあって、居住する場所が2メートルぐらい、で、その後ろ側にトイレがありまして。ドアがあって、この反対側にトイレですね。扇風機も付いていて、電気のついている間は扇風機も回ると。で、ここに移ってからテレビはなくなりまして、私は、なんでテレビがないんだと言ったんですけれども、テレビを置いているということはゲスト扱いが続いているという認識をしていましたので、このテレビがなくなったというのはどういうことだということで、いろいろ言ったんですが、施設が非常に大きいのでテレビの線を引っ張るのが大変であるとかいうような事情をあとから言われたんですけども。そういった施設に移されました。

 で、私に食事、1日2回、運んできた人物なんですが、英語で毎回、何か欲しいものはあるかと聞いてきて、テレビと言っても、テレビは駄目だけど、ほかのものならなんでもいいぞと言われまして、じゃあ本をくれと言って、英語の辞書ですね、英英辞典は彼が持って来ました。それから、たびたび、果物であるとか、スイーツであるとかいうものも、何度も持って来ました。
本文:9,787文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。