健康、美容、暮らし
*

ジャーナリスト・安田純平さんが会見(全文4)実名はダメと解釈して「韓国人ウマル」(THE PAGE)

(公開: 2018年11月04日)

[ 元の記事 ]
出典元: [写真]拘束中に武装組織から要求され動画用コメントなどを撮影された経緯などについて説明する安田さん

シリアで武装勢力に拘束され、3年4か月ぶりに帰国したフリージャーナリストの安田純平さんが、11月2日午前11時から東京都千代田区の日本記者クラブで記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「シリアで拘束・解放の安田純平さん、帰国後初の記者会見(2018年11月2日)」に対応しております。

     ◇     ◇

 それからドアには小窓がありまして、そこを開けて食事を持ってくるんですけども、その小窓の上とか横に隙間があるんですね。その隙間から中が見えるんですけども、彼らがそのドアの外にカメラを置いていて、その隙間から中が見えるんですね。そうするとこのドアの50センチぐらいまでの範囲はそのカメラに写ると。

 だから私がそのドアに近づくと、それは外を見ているか、もしくはそこで盗み聞きをしているっていう扱いになるので、ドアに50センチ以上、近づいてはいけないというルールが設定されまして、それが私の体全体でなくて足が写っても駄目だということが分かりまして、そうすると長さ2メートルしかない中の50センチには足が写ってもいけないとなると1.5メートルしかない。その1.5メートルの範囲の中に寝ていなければいけない。その中で身動きしてはいけない。だから膝はずっと曲げている状態、もしくは膝を伸ばして腰を曲げている状態、くの字の状態ですね。
本文:8,153文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。