健康、美容、暮らし
*

稲垣吾郎主演「半世界」が東京国際映画祭で観客賞受賞!(東スポWeb)

(公開: 2018年11月04日)

[ 元の記事 ]
出典元: 「半世界」の阪本監督

開催中の「第31回東京国際映画祭」の授賞式が2日、都内で行われ、コンペティション部門に出品されていた、元SMAP・稲垣吾郎(44)が主演する「半世界」(来年2月公開)が観客賞を受賞した。

 この日は稲垣は来場していなかったが、阪本順治監督が登壇。「不意打ちでした」と言いながら喜びの表情を浮かべた。

 今回のキャスティングは、稲垣ら元SMAPの3人がジャニーズ事務所から独立したことを知った阪本監督から声をかけて実現したという。授賞式後の記者会見で阪本監督は「僕の方から声をかけた以上、面白い作品に高めていかなきゃいけない責任があった。観客賞をもらって肩の荷を下ろしてます」とホッとした表情を浮かべた。

 またこの日、訃報が伝えられた女優・江波杏子さんは、阪本監督の「KT」と「行きずりの街」、2本の映画に出演していた。阪本監督は「授賞式が終わって携帯を確認したら、事務所の方から連絡が来ていた。僕にとっても急な話」と神妙な表情を浮かべた。

 江波さんとの思い出については「僕より年上の方ですけど、現場の合間にお互いの恋愛観みたいなものを話した。『監督は結婚もしてないのに、何でそういうことが分かるの』と言われたことがある」と明かした。

 江波さんも生涯独身を通しただけに、独身の阪本監督と恋愛論を楽しんでいたようだ。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。