健康、美容、暮らし
*

小倉智昭 膀胱がん全摘手術で「11月下旬から長期のお休みをいただきます」(東スポWeb)

(公開: 2018年11月07日)

[ 元の記事 ]
出典元: 小倉智昭

小倉智昭(71)が5日、司会を務めるフジテレビ「とくダネ!」で、膀胱がんによる膀胱全摘手術を受けると発表した。6日から検査入院のために番組出演を休み、11月下旬から長期休養する。

 番組の最後に小倉は「私事で申し訳ないのですが、明日から今週いっぱいお休みをいただきます」と切り出した。夏に大量出血したという小倉は「10月に膀胱炎を併発して出血が止まらず大変苦労して、頻尿などもあって、ハラハラしながら仕事をしてまいりました」と体調を説明。「そこで、お医者さまに言われた結論、膀胱がんを完治させるには全摘しかないのかな…全摘してくださいと言われているので、全摘をすることになりました」と全摘を決めたことを打ち明けた。

 膀胱全摘後の処置をどうするかは、今後の検査で決めるという。そのため「今週いっぱい、お休みをいただきます。その後、11月下旬になると思いますが根治を目指して手術をすることになります。その際は、長期のお休みをいただくことになります」と長期休養することを明かした。

 小倉は2016年5月13日、同番組内で「早期の膀胱がんが見つかった」と明かし、16日から入院。23日に復帰した際には「ご心配をおかけしました。無事に、やるだけのことはやって戻ってまいりました」と手術成功を報告した。






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。