健康、美容、暮らし
*

かつて「白い街」を築いた先駆者・名古屋はなぜ行き詰ったのか? 土地区画整理事業の現在(THE PAGE)

(公開: 2018年11月08日)

[ 元の記事 ]
出典元: 昭和十年に創刊した雑誌『区画整理』。名古屋市職員らによる「土地区画整理研究会」が発行元で、全国の関係者に読まれた

「土地区画整理」って何をすることか分かりますか。若い世代で当事者となって経験した人はあまりいないはずなので、イメージしづらいかもしれません。戦前から戦後にかけて、日本の整然とした街並みを形作ってきた基本的な手法のことです。しかし、その「先進地」として知られる名古屋では今、事業主体である区画整理組合が多額の資金不足で破綻しかけるなど、そのほころびが表れています。土地区画整理の功罪とはどんなものなのでしょうか。

海老名に住商が物流施設 圏央道IC近く、20年2月完成






コメント(0件)

コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。