健康、美容、暮らし
*

小澤征悦 錦織圭のフェデラー撃破を称賛「錦織選手の実力が本物」(東スポWeb)

(公開: 2018年11月14日)

[ 元の記事 ]
出典元: 小澤征悦

12日放送の日本テレビ系「スッキリ」は男子テニスのATPツアー・ファイナル(ロンドン)1次リーグB組で世界ランキング9位の錦織圭(28=日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(37=スイス)を7―6、6―3のストレートで破った試合を速報した。

 元テニス選手でコメンテーターの杉山愛氏(43)は錦織の勝因について「(フェデラーが)なかなかリズムがつかめなかったので、いつもにはないミスとか凡ミスも増えていた。(錦織は)最後までそれを戻させなかった。調子、リズムをつかませなかった。ネットにも果敢に攻めて攻撃的にプレーできていた」と指摘。

「ブロックの中でも一番厳しいのかなと思っていたのがフェデラー選手」と最大の壁を突破したことで決勝トーナメント出場の可能性も「大きい」と期待を膨らませた。

 今後は同6位ケビン・アンダーソン(32=南アフリカ)、8位ドミニク・ティエム(25=オーストリア)の順で対戦する。

 杉山氏は「あとアンダーソン、ティエム、2人ですけど、直近の試合では勝ってますし、アンダーソンもビッグサーバーなのでタフな相手にはなりますけど、動きもよかったですし、3セットマッチですから勝負かけていける」と錦織の快進撃に太鼓判を押した。

 また、俳優の小澤征悦(44)は「フェデラーが調子悪かったとはいえ、フェデラーですから。そこでストレートで勝つというのは、錦織選手の実力が本物であると同時にダウン・ザ・ラインとか決まってましたから、流れが錦織選手に来ていたと思いました」とコメントし、錦織の勝利をたたえた。