健康、美容、暮らし
*

映画『ポルトの恋人たち 時の記憶』の俳優、中野裕太さんに恋愛観や語学習得のコツを聞いてみた!(Suits-woman.jp)

(公開: 2018年11月14日)

[ 元の記事 ]
出典元: 俳優の中野裕太。英語、イタリア語、フランス語が堪能なマルチリンガル。今回、役柄のために1か月半でポルトガル語を習得したスーパーな人。

18世紀のポルトガルと21世紀の日本を舞台にしたミステリアスな恋愛映画『 ポルトの恋人たち 時の記憶』に、俳優の中野裕太さんが出演しています。18世紀のパートではポルトガル語に長けた日本人召使、21世紀のパートではポルトガルギターの店を開くという夢を抱いて日本へ来たブラジル移民という二役です。そんな中野さんに恋愛観や婚活へのアドバイス、語学の習得方法などを伺ってみました。

『ポルトの恋人たち 時の記憶』
(配給:パラダイス・カフェ フィルムズ)●監督:船橋淳 ●脚本:船橋淳、村越繁 ●出演:柄本佑、アナ・モレイラ、アントニオ・ドゥランエス、中野裕太 ほか ●11月10日 シネマート新宿・心斎橋ほか全国ロードショー

(あらすじ)
【第1部】1760年、ポルトガル。5年前のリスボン大震災と津波の傷跡が残る街へやってきた日本人召使の宗次(柄本佑)と四郎(中野裕太)は、ガスパール(アントニオ・ドゥランエス)の屋敷で働き始める。雑役女中のマリアナ(アナ・モレイラ )はやがて宗次と恋に落ちて逢瀬を重ね、それを知ったガスパールは激怒。宗次に過酷な労働を課す……。【第2部】2021年、日本。東京オリンピックを経て、さらに深刻な不況に陥る静岡県浜松。ポルトガル人の妻マリナ(アナ・モレイラ)と暮らす日経ブラジル人の幸四郎(中野裕太)は自動車工場で働いていた。ある日、リストラのために本社からマネジメントリーダーの加勢柊次(柄本佑)がやってくる。ポルトガルギターの店を出すという夢を持っていた幸四郎は、同僚に代わってリストラを受けるが……。