健康、美容、暮らし
*

芸名「ピーター」封印し1年間休養 復帰後は「俳優・池畑慎之介」争奪戦(東スポWeb)

(公開: 2018年11月14日)




[ 元の記事 ]
出典元: 左から平祐奈、大地真央、ピーター

タレントのピーター(66)が11日、東京・江東区の東京ビッグサイトで行われた「ネイルクイーン2018 授賞式」に出席した。

 ピーターは今年いっぱいで芸名「ピーター」を封印し池畑慎之介に戻り1年間の休養に入ることを宣言している。授賞式では「協会功労賞」を受賞し、今回が2008年、15年に続き、3回目の受賞ということで「殿堂入り」となった。

 登壇すると「芸能生活50周年で、ピーターとして最後の年にステキな賞をいただきました。本当にありがとうございます」と頭を下げ「こちらの会場も3回目。大きな会場で最初のうちは迷っていたが、今回はスッと来れました。4回目はないと思うのでこれを棺おけに入れたいです」とさすが殿堂入りという貫禄を見せつける。

 ネイルケアについて聞かれると「ピーターとして名前を覚えていただいた1968年ぐらいは、ネイルは美容室でやってもらうものだったと思います」と振り返った。

 最近は役者の活動を本格化させていて、放送中のテレビドラマ「下町ロケット」(TBS系)では悪徳弁護士・中川京一役が「さすが!」と好評だ。
 ドラマについてピーターは「最近は(下町ロケットの)撮影でネイルもきれいにできなくて、オジさんだったけど、きょうは久しぶりにピーターに戻れました」と苦笑いした。

 休養後の復帰時期については明言していないが「すでに映画プロデューサーやテレビ局ドラマ班の関係者たちは、復帰のタイミングの情報収集に入っています」とはテレビ局関係者。

「ピーターさんは人間の“業”を表現するのが非常に巧み。あの年齢で、中性的な存在感を醸し出せる俳優はいない。最近では別荘も売却し、身の回りのものを整理するなど“断捨離”して、来年以降は役者一本でマイペースに仕事していくはずなので、争奪戦になってます」(前出関係者)

 20年は“池畑慎之介ブーム”が起きるかもしれない。