健康、美容、暮らし
*

「神ノ牙‐JINGA‐」主演の井上正大らが劇中衣装で登場(東スポWeb)

(公開: 2018年11月18日)




[ 元の記事 ]
出典元: 右から向里憂香、井上正大、松野井雅

俳優の井上正大(29)が15日、東京・新宿バルト9で行われた現在放送中(TOKYO MXなど)のTVドラマ「神ノ牙‐JINGA‐」のスペシャル上映&トークイベントに登壇した。

 同作は人気特撮テレビドラマ「牙狼」シリーズの最新作。主人公の御影神牙(みかげ・じんが)/ジンガを演じる井上は、ヒロイン・楓沙(ふうさ)役の向里憂香(28)、アミリ/アルヴァ(声)役の松野井雅(30)とともに劇中の衣装で登場した。

 今回のイベントではスタッフとファンの投票によって選ばれたエピソード04(第4話)を3人の生コメンタリー付きで上映。撮影時期が真夏だったと振り返り、「水辺のシーンで屋台舟待ちの時間が長かった」「汗をかき過ぎて、ハイキックをしたら革のズボンが2枚破けた」など、ここでしか聞けないような裏話も次々に飛び出した。

 大きなスクリーンで見る同作の迫力に圧倒された井上は「次はオールナイトで一挙上映をやりたい」とコメント。「いい作品が作れるようにスタッフ、キャスト一同気持ちを込めて頑張っておりますので、これからも応援よろしくお願いします」と締めくくった。