健康、美容、暮らし
*

「ふわふわ」5か月ぶり単独公演「とても楽しかったです!」(東スポWeb)

(公開: 2018年11月19日)

[ 元の記事 ]
出典元: ライブを開催した「ふわふわ」

女性10人組ダンスボーカルグループ「ふわふわ」が17日、都内で約5か月ぶり3度目の単独公演を開催した。

 ふわふわは東京・原宿駅前ステージ(現在改修工事中、12月22日から再開)を拠点に活動しているグループ。ホームグラウンドから離れた単独公演は3回目だ。

 この日は特別に初の試みとしてギター&ボーカル・岩崎春果(15)、ベース・平塚日菜(18)、キーボード・遠藤みゆ(17)、ドラム・中野あいみ(17)の4人が“バンド”を結成。「プリンセス・プリンセス」の代表曲「Diamonds」を生演奏で披露した。

 ふわふわは今年2月にリリースした「桜並木」や代表曲「恋花火」など全6曲のシングル曲だけではなく、ダンスアレンジした小泉今日子の「木枯らしに抱かれて」、松任谷由実の「ルージュの伝言」をパフォーマンス。

 平塚は、久しぶりのワンマンライブに「今日は何の曲をやるんだろうと皆さんも思ったと思いますが、リハからメンバーみんなでどうしようか、いっぱい考えて頑張ってきました。久しぶりのワンマンライブ、とても楽しかったです」と笑顔で話した。

 また、来春に7枚目のシングルを発売すること、ふわふわが歌うNHKみんなのうた「シャンシャンシャボン玉」が、12月から来年1月にかけて放送されることも発表した。