健康、美容、暮らし
*

若槻千夏 報道陣を感心させた神級“気遣い”(東スポWeb)

(公開: 2018年11月23日)

[ 元の記事 ]
出典元: 左から若槻千夏、まひる、吉田朱里

お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のまひる(25)が19日に登場したイベントに多くの報道陣が詰めかけた。これは相方のよしこ(28)が先日、病気の治療のため休養することを発表したためだが、詰めかけた報道陣を感心させたのが、一緒にイベントに出演していた若槻千夏(34)だ。見事な“神対応”に「若槻に仕事のオファーが絶えない理由が分かった」との声が上がった。

 このイベントは19日、都内で行われた「@cosme Beauty Day」プレス発表会で、まひると若槻、NMB48の吉田朱里(22)らが出席した。

 イベントでまひるは、吉田にメークを施してもらい華麗に変身。普段はメークを全くしないと言うまひるは、変身後の自分の顔を見て「かわいい! 石原さとみさんかと思った」と大興奮。さらに「かわいいは、作れる! みんなも私を目指して頑張ってください」と、言いたい放題だった。

 この日は多くの報道関係者が取材に訪れたが、これはまひるの相方であるよしこが、「下垂体腺腫(かすいたいせんしゅ)」治療のため一時休養すると発表されたからだ。休養するとの発表が3日前だったため、現在の状況をまひるに聞こうと、多くの報道陣が集まったのだ。

 イベント終了後に若槻、まひる、吉田が参加する囲み取材が行われたが、ここで報道陣を「さすが!」とうならせたのが若槻だった。まず最初に若槻にマイクが向けられたのだが、当の若槻は小声で「私のことは気にしないで」と言い、隣のまひるを指さした。

「いくらよしこのことを聞きたくても、囲み取材の最初はイベントの内容について聞くのが礼儀。そこで若槻にマイクが向けられたが、報道陣が何を聞きたいのか若槻は完璧に理解していた。それで『私に気を使わずに、まひるに質問して』と報道陣に言ったんです」(ワイドショー関係者)

 こうして質問はよしこに関することに集中。まひるは「命に関わる病気じゃないので、元気に復帰してくれると思います」と回答。よしこはこれから手術を受ける予定だが「年内には復帰できると思います」。またガンバレルーヤは、女芸人ナンバーワン決定戦「THE W」で決勝進出を果たしている。来月10日には決勝が行われるが「まだ分かんないんです」と言う。普段から2人は一緒に住んでいるそうで、まひるは「昨日もずっと一緒にいました。仕事でご迷惑をかけてしまったので、それをすごく心配していました。『申し訳ない』って言っていました」とその様子も存分に明かした。

 ただこれだけで終わってしまうと、ガンバレルーヤのことだけが報じられ、若槻には全く触れられない可能性が高くなる。それも熟知している若槻は、使われるコメントをきっちりと用意していた。

「多分芸能界で、私が一番のガンバレルーヤファン。最初に(よしこが入院した)ニュースを聞いた時に悲しくて、お手紙を書いたので、今日はまーちゃんに託します」

 なんとよしこにファンレターを書いたと明かし、「小学校4年生の時、松雪泰子さんのを書いて以来、書きました」。さらに「ガンバレルーヤに何かあったら、金銭面でも私が支えます」と宣言したのだ。

「若槻は若いころ、“おバカタレント”としてブレークした後、活動休止した時期もあるが、復帰してからは仕事も順調。プライベートも2児の母となり、今は公私ともに充実しているようだ」(同)

 仕事が順調な理由はこの日、報道陣に見せた気遣いに秘密がありそうだ。