健康、美容、暮らし
*

フィフィ しゃぶしゃぶ鍋押し付け流行化を危惧「忘年会で真似する輩が出てこない事を祈る」(東スポWeb)

(公開: 2018年11月25日)

[ 元の記事 ]
出典元: フィフィ

エジプト出身のタレント・フィフィ(42)が23日、ツイッターを更新。元芸能事務所の従業員男性がしゃぶしゃぶ鍋に顔を突っ込まれたなどとして、社長のY氏を刑事告訴した話題について言及した。

 男性は2015年12月の忘年会でY氏に煮えたぎる鍋に顔を押し込まれ、大やけどを負った。

 フィフィはY氏のみならず、周囲の責任も追及し「現場で盛り上がってたその他にもなんらかの罪が問われるといいのにと思うよ。やる方も囃し立てられるから後に引けなくなって行為がエスカレートするってこともあるし。傍観者や盛り上げ役にもある程度責任の重さを認識させることは今後の犯罪抑止力に繋がると思うの」とツイートした。

 また、ネット上ではY氏の本名がさらされていないことに批判の声も上がっているが、これには反論を示した。

「鍋に従業員に押し込んだ芸能プロの名前がようやく報じられてるけど、しばらくネットではそれとは別の名前が飛び交って、散々誹謗中傷されてたよ。昨日も投稿したけど告訴前で名前出せないうちに週刊誌や会見やらで情報を小出しする手段もどうかと思うのね。憶測でガセが流れた責任は誰が負うんだろう」と慎重な判断を求めた。

 そして、これから忘年会シーズンを迎えるにあたり、悪ふざけでまねしたり、悲劇が再現されることを危惧。

「忘年会で真似する輩が出てこない事を祈る」と切に願った。