健康、美容、暮らし
*

“顔面熱鍋”芸能プロ社長の非道 被害男性の悲痛な訴え「黒い交際」吹聴し恐怖支配か(東スポWeb)

(公開: 2018年11月25日)

[ 元の記事 ]
出典元: 会見に臨んだAさん(個人情報保護のため顔は不掲載)

芸能事務所“パワハラ社長”のトンデモ非道行為が明るみに出た。煮えたぎる鍋の中に顔面を押し付けられるという壮絶なパワハラを受けたとして、東京・渋谷区の芸能事務所に勤めていた元従業員Aさんが22日、加害者の社長Y氏を傷害容疑で刑事告訴し、損害賠償請求訴訟を起こす意向を表明した。“顔面鍋”のパワハラは氷山の一角。AさんがY氏に受けていたさまざまな非道な仕打ちや、Aさんのトラウマも浮かび上がった。

 問題の行為は、ニュースサイト「デイリー新潮」が動画付きで報じている。2015年12月20日夜、渋谷の居酒屋で開かれた事務所の忘年会が“事件現場”だ。

 社長Y氏とされる人物が従業員(当時)Aさんの頭をつかみ、コンロの火にかけられてグツグツと沸騰する鍋の中に押し入れたのだ。一度だけでなく、今度は抵抗するAさんの顔を鍋に入れた。もはやパワハラでなく、暴行や傷害といった犯罪レベルの悪質な行為だ。

 Aさんが22日、都内で弁護士同席のもと、会見を開いた。Aさんは14年の大学生のころにY氏と知り合い、そのまま入社した。モデルやアーティストのスカウト、事務所主催イベントの運営、Y氏の運転手など業務は多岐にわたった。

 17年1月に退社して、今は新しい職場で働いている。Aさんがスカウトしたタレントの多数が事務所を離れたので、公に話をすることを決意したという。

 熱く煮えたぎる鍋に頭や顔を入れる行為の危険性は子供でも分かる。15年12月21日明け方、Aさんは病院で応急処置を受けて顔面に第2度(3段階の2番目)の熱傷を負ったと診断された。その日のうちにY氏がAさんの自宅を訪れ「お前、自分から顔突っ込んだんだよな」など、あたかも責任がAさんにあるような物言いをしたという。痛々しいやけどのため、2週間以上、仕事を休まざるを得なかった。

 AさんはY氏の下、月給3万~8万円で働いていた。年収は多くても100万円に満たない。それでも休みは年に30日ばかり。遅刻をすれば丸刈りを強要され、顔を殴られ、10万円の罰金を払わされた。普通ならとっとと退職するが「社長に洗脳されていた。言葉責めもあった。精神的にやられていた。社長が怖かった」という。

 Y氏の言動に抵抗しても「『いやだ!』と言うと、後日数時間詰められることが何度もあった」そうだ。「恐怖があった」とAさんは強調する。

 芸能関係者は「Y氏はかつて『もしも新宿で何かトラブルが起きたら、なんでもできるよ』と周囲に話していたそうです。歌舞伎町のキャバクラでクライアントと飲んでいたY氏がボッタクリに遭った際に、ヤクザを呼んで解決したという噂は社の内外に広まっています」と語る。

 黒い交際を周囲に吹聴していたとしたら、Aさんの「恐怖」も倍増するはずだ。

 顔にはやけどの跡が残り、夏や冬には「かゆみがある」という。だが、もっとも重いのは心に受けた傷だ。今でも「鍋を見るだけで、当時のことがフラッシュバックする」状態が続いている。

 地元での16年の忘年会がたまたま鍋だった。

「友達がふざけて『食べろ』と言うけど断りました」と話す。「お店の隣の卓で鍋がコンロに火をかけてグツグツ煮えているのを見ると思い出してしまう」というから深刻だ。テレビ番組でお笑い芸人「ダチョウ倶楽部」がおでんの芸をしていても、被害後に「楽しく見られなくなった」と語るのも仕方ない。

 会見後には渋谷署に被害届を提出。慰謝料など損害賠償請求の民事訴訟も進めていく。Y氏から謝罪はまだない。Aさんは「今回の件を認めていただいて、罪を償ってほしい」として法的な裁きを受けることを望んだ。

「私だけじゃなく、他にも芸能事務所にパワハラはあると思う。自分の訴えが、芸能界のパワハラを考える契機になってほしい」と語った。“洗脳”など様々な理由で口をつぐんできた芸能界の被害者が声を上げだすかもしれない。