健康、美容、暮らし
*

壇蜜ズバリ「“おっぴろげ”なんていつまでもやってられない」(東スポWeb)

(公開: 2018年11月27日)




[ 元の記事 ]
出典元: 壇蜜

タレントの壇蜜(37)が25日、都内で2019年カレンダー発売イベントを行った。

 毎年恒例のカレンダーだが、今年のテーマは「安心・安全を前面に出した」とのこと。ファンから「どこにでも張れるものを作らないんですか?」と問い合わせがあったことから、昨年からヌード写真を掲載しないカレンダーを作っている。

「(ファンの)傾向と対策を踏まえて、カスタマーサティスファクション(顧客満足)に取り組んだ結果、いいものができたかなと。大胆なところをどれだけ秘めさせるかが、これからの課題になってくると思いました。“おっぴろげ”なんていつまでもやってられないですものね」とその意図を明かした。

 印象に残っている写真は、福島の凍った湖の上で撮ったショットだ。「隣で(釣人が)ワカサギを釣っていました。よく撮れて『うれしい、うれしい』と言っていたら、隣でワカサギを揚げていました。いい匂いがしていました」

 撮影時に壇蜜は氷上用の靴を履いていなかったため、湖の真ん中まで男性スタッフにおんぶしてもらい、そのスタッフにほれてしまったという。「すごいいいなと思ったんですけど、彼女がいたので諦めました」とため息を漏らした。

 今年もあと1か月とちょっと。壇蜜は「とりわけ大きい体調不良もなく、健やかにやってこれた。新しくヘビを飼いました。ピンクの、ガリ色のヘビ。ヘビがかわいいなと思ったら、あっという間に12月になりました」と振り返った。

 誕生日の12月3日は仕事、クリスマスは人間ドックと色気のない記念日を過ごす予定といい「恋愛よりも連載がほしい」と、現実的なことを来年の目標に掲げた。