健康、美容、暮らし
*

紅白出場濃厚「チコちゃん」 すでに「CG×ステージ」特別演出など検討中か(東スポWeb)

(公開: 2018年11月27日)




[ 元の記事 ]
出典元: NHK

大みそか恒例の紅白歌合戦の出場者が発表された。ラインアップを見ると、ナゼこの人が出場できなかったのか、ナゼこの人を選んだのかと首をかしげたくなる選出もないことはない。それでも、NHKが声高に言う「企画演出に沿った」選考なのだろう。期待したいところだ。

 出場者に名は連ねてないが、楽しみにしているのが、ステージを彩ってくれるだろうと言われている「チコちゃん」だ。NHK総合「チコちゃんに叱られる!」は高視聴率を連発。決めゼリフの「ボーッと生きてんじゃねえよ!」は2018年の流行語大賞にノミネートされたほどだ。

 番組が話題になったころから、チコちゃんが紅白のステージに出てくるだろうと言われていた。ただ、チコちゃんの表情はCGで作られており、当然ながら、番組そのものは収録だ。紅白の生放送のステージに出てきたところで、チコちゃんの着ぐるみ人形が出てきて終わりだろうというのを想像していたが、そうではないのではという声も聞こえてきた。

 ある芸能関係者は「いま制作会社がプロジェクトチームを組んで、紅白の生のステージで、番組と同じようにCGを組み合わせてチコちゃんの顔を作れないか、『ボーッと生きてんじゃねえよ!』の吹き出しを出せないかなど、様々な演出を検討しているそうです。どこまでできるかは分かりませんけれども」というのだ。

 かなり高度な技術を要する気がするが、そこはNHK。前出の関係者は「世界的に見ても、NHKの持っている放送技術はトップクラス。当然、CGに関しても高い技術を持っているといわれている。ただ単にチコちゃんの着ぐるみ人形が出てきて、ハイ終わり、と何の工夫もしていないことはないだろうし、逆にNHKの威信にかけてもそんなことはできないでしょう。そもそも今回は出場歌手の組数だって昨年より4組も減っているくらいですし、時間はたっぷり。何かしら驚くような演出を見せてくれるはずですよ」。

 近年は歌で聞かせるというよりも演出面でどう見せるかに腐心している感はある。こう言ってしまうと、紅白は歌番組なのかどうか分からなくなってしまうが、生放送でどんなチコちゃんを見せてくるか楽しみだ。