健康、美容、暮らし
*

臨月の紅蘭 入籍しないのは弟の死去で「草刈の名字を継ぐ人間がいなくなった」から(東スポWeb)

(公開: 2018年11月28日)




[ 元の記事 ]
出典元: 紅蘭

俳優・草刈正雄(66)の長女でパーソナルトレーナーの紅蘭(29)が27日、都内で行われた「GAP+GQ THE COOLEST DESIGNERS ON THE PLANET」のプレス発表会に出席した。

 出産予定日は、なんとクリスマス。妊娠中とは思えないほどのスレンダーボディーがSNSで話題になっており「臨月になった。おなかが出ていないとすごく言われる」と苦笑い。出産経験のある菊池真由子リポーター(42)は、実際に紅蘭のおなかを触り「7か月程度にしか思えない」と驚いた。

 紅蘭は「安定期に入るまでは安静にしていたが、それからはストレッチや腹筋などをしている。特に努力しているという実感はない。ストレスをためないようにはした。縛られすぎないというか。つわりは全然ない」とコメント。性別は女の子だという。

 現在は薬物などで逮捕歴のあるギャング出身のコワモテハーフラッパー・RYKEY(30)と籍を入れずに同棲しており“事実婚”状態だ。

「3年前に弟(長男のミュージシャン・ドカットカットこと故草刈雄士さん)が他界して、草刈の名字を継ぐ人間がいなくなったのが一番の原因。名字は譲りたくない。話し合った結果、うちらに合うスタイルは事実婚なんじゃないかということになった。日本のお偉いさんに夫婦別姓を認めてもらい、選択肢が広がれば生きやすくなる。それを待っている。早く別姓が認められるようになってほしいな」

 子供の名前は決まっていない。「私がパンチのある、とてもありがたい名前をつけてもらったので、すごく悩む。子供の顔を実際に見ないと決められない。ただ、キラキラネームにはしない」と胸中を打ち明けた。

 RYKEYとの交際をめぐり、親子で仲たがいしたとの話もあるが、「父は楽しみにしているんじゃないですか」と正雄が孫の誕生を待ち望んでいることを明かした。

 肌の露出が多めのセクシーなファッションを好むが、妊娠してからは子供のため、体を冷やさないようにしているという。「母親が不安なら子供も出づらい。いつでもいいよというスタンスなら、ベイビーも出やすいと思ってドンと構えている」と早くも母の顔になっていた。