健康、美容、暮らし
*

三浦春馬が夜な夜な行うトレーニングが過酷すぎ……ナイナイ岡村も絶句(トレンドニュース(GYAO))

(公開: 2018年11月30日)




[ 元の記事 ]
出典元: Haruma Miura attends the 28th Japan Best Jewellery Wearer Awards ceremony in Tokyo, Japan on January 24, 2017. (写真:アフロ)

俳優の三浦春馬が、夜な夜な行っているという“タバタ式トレーニング”を紹介した。たった40秒の短いトレーニングの過酷さに、お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史は絶句していた。

【無料配信】三浦春馬が出演!「なるみ・岡村の過ぎるTV」最新話を配信中>>

三浦が、11月26日放送のABCテレビ「なるみ・岡村の過ぎるTV」にゲスト出演した。筋トレに話題が及ぶと、三浦は「やるかも。思い立ったときにやる」と発言。映画やドラマでの役作りの際はパーソナルトレーナーの力を借りて体作りを行っているが、それ以外のときは自宅で夜な夜な体を鍛えていると語った。

三浦が行っているのは、10秒間の休憩を挟みつつ20秒間の有酸素運動を4種目2セット行う“タバタ式トレーニング”というものだそう。スタジオでは、実際のトレーニングメニューを短縮したものに岡村と横山太一アナウンサーが挑戦した。

三浦をお手本にして、2人は、腕立て伏せの状態から思いっきりジャンプするバービージャンプなど、10秒4種類の有酸素運動を行った。さすがの岡村もバテバテで、しばらく息を整えたあとに「しんどい……。こんなん夜中にやったらあかん」と言葉を絞り出していた。横山アナウンサーも、お笑いタレント・なるみから「わかりやすく顔色が悪い」とツッコミを入れられるほど疲弊しきっていた。

同番組では他にも、2018年は海外での撮影が多かったという三浦が休憩時間の過ごし方などを明かしている。

(文/沢野奈津夫@HEW)