健康、美容、暮らし
*

71歳の末成由美 禁酒効果で大阪マラソン完走(東スポWeb)

(公開: 2018年11月30日)




[ 元の記事 ]
出典元: ディナーショー開催会見を開いた末成(左)と未知

吉本新喜劇の末成由美(71)と未知やすえ(55)が28日、大阪市の吉本興業で「由実とやすえのラッハーンで脳みそチューチューしちゃうぞみたいなディナーショー Part6」(来年3月31日、リーガロイヤルホテル大阪)の発表会見に出席した。

 今回で6回目となる新喜劇の熟女2人によるディナーショー。昨年は「バブリーダンス」を披露するなど毎年新たなものに挑戦してきた。

 末成は「ダンスに関しては、もっとキツイのに挑戦する」と明言。具体的に何をするかはまだ決まっていないというが、未知は「去年は(バブリーダンスの)曲が流れた瞬間に、会場がうわーとなった。それだけに、皆さんが知ってて分かりやすいものがいいのかな」とにおわせた。

 今年は「DA PUMP」の「U.S.A.」が大ヒットしたが、未知は「由美姉さんは『U.S.A.』を知らないんですよ。ほかのダンスの曲もあって、作家の人と話し合ってます」と候補に挙がっていることを明かした。

 71歳になる末成だが、新しいことに挑戦する気持ちは尽きないという。25日に行われた大阪マラソンにも出場し、6時間49分52秒で完走した。

 かぜをひいても酒を飲むそうだが、マラソンに向けて禁酒を断行。「1週間もお酒をやめたのに、ここでリタイアしてなるものか」と力走の原動力になったという。レース終了後には、たむらけんじと石田靖が酒をついでくれたそうで「サイコーに幸せでした」と笑顔を見せた。

 若さの秘訣はお酒にあるようだ。