健康、美容、暮らし
*

ももクロの玉井、高城が勝谷さん悼む「これからも見守っててね」(東スポWeb)

(公開: 2018年12月01日)

[ 元の記事 ]
肝不全のため兵庫県尼崎市の病院で死去したコラムニスト・勝谷誠彦さん(享年57)の通夜が28日、同市の阪神平安祭典会館でしめやかに営まれた。

 勝谷さんは8月、アルコール性の劇症肝炎と診断され緊急入院した。9月30日にツイッターで「奇跡的な復活が見えてきました」として活動再開を報告し、イベントやラジオ番組収録にも参加したが、26日に容体が急変。この日、息を引き取った。

 通夜には約300人が参列。勝谷さんがファンだったアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の玉井詩織(23)と高城れに(25)も弔問に訪れた。

 勝谷さんとは5~6年前に番組で共演して以来、懇意にしていたそうで「かっちゃんパパ」と呼ぶほどの仲。玉井は訃報に接し「前から応援してくださっていて、10周年ライブにも足を運んでくださった。お元気そうな姿を見てたのですごいショックです」。高城も「天国に旅立ってしまったけど、天国から私たちのこと応援してくれてると信じて、私たちも頑張れたらいいなと思います」と語った。

 勝谷さんの印象について玉井は「テレビで見てると辛口で怖いってイメージでしたが、私たちと会うと毎回、優しい笑顔で『いつも頑張ってるね』と言ってくれた。私たちが10代のときから応援してくださって『みんなが成人したら、焼き鳥屋に飲みに行こう』と誘ってくれたんです。かなうことはなかったんですけど、いつも私たちのことを気にしてくれてた」と涙を浮かべた。

 それでも、天国の勝谷さんに向けて「これからも見守っててね。今までたくさんのことを教えていただいてありがとうございました」と言葉を送った。