健康、美容、暮らし
*

「あれだけ言ってもなんも変わんねえ」関ジャニ∞の“ストーカー”対策も効果なし?(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年12月03日)




[ 元の記事 ]
出典元: このタイミングでデビューした理由とはーー

関ジャニ∞の大倉忠義が公式携帯サイト・Johnny’s webで、一部ファンによる“つきまとい行為”に対する苦しい胸の内を吐露したのは、11月8日のことだ。

〈ストーカー行為ではないのか〉

〈原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる〉

〈普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ〉

 大倉の悲痛な訴えに、周囲からはそのメンタルを心配する声もあがり、ネット上ではファンたちの悲鳴が殺到した。

「ジャニーズの追っかけは以前から有名とはいえ、最近は度を越している」と話すのはジャニーズに詳しいライターだ。

「地方へ移動するときは、駅や空港で待っているのは当たり前。なかには、座席番号まで知っているファンもいます。

 番組収録では観客を入れるため、ある程度スケジュールが知られてしまう状況なのは、本人たちも承知していますが、駅の構内では一般の人にも迷惑をかけるような行動もみられます」(同前)

 大倉本人からの訴えとあり、マスコミもジャニーズファンの行き過ぎたマナー違反を取り上げた。それから2週間後の22日、今度は錦戸亮が「関ジャニ戦隊∞レンジャー」で、「大倉があれだけ言ってもなんも変わんねえ」「どうすればいいんだろうか?」と、改めてファンに呼びかけた。

「大倉の告白はかなり深刻な内容でしたから、ファンも自覚をもって行動しているのかと思われましたが、事態は何も変わってなかったようです」(スポーツ紙記者)

 ジャニーズファンの一人は「関ジャニもいろいろ、対策には苦労してるみたいです」と心配する。

「11月17~19日の大阪ライブの時も普段なら、前日ぐらいまでに前乗りするのですが、今回はかなり前倒しで大阪入りしました。しかもメンバーを、新幹線組、JAL組、ANA組といった感じに分散させて移動させたみたいです」
 
 最近でもKing&Prince、Hey! Say! JUMPのコンサートの際、駅のホームがパニック状態になり、新幹線の発車が遅れるといったケースがあったという。

「ジャニーズ事務所も、公式サイトで公共交通機関の利用マナーに関して警告文を掲載していますが、それだけではファンの違反行為は止められません」(前出・同ライター)

 ファンがあっての仕事とはいえ、友人と食事をしている際に駅や空港にいつもいるファンが横のテーブルにいるといった行為は、明らかに“ストーカー行為”と言わざるを得ないだろう。

「事務所サイドも、何らかの対処法を考えているようですが、大倉や関ジャニ∞メンバーは今も精神的に追いつめられ、気が休まる時がないと言ってます」(スポーツ紙記者)

 ストーカー行為は被害者が訴えた段階で然るべき措置を取らないと、取り返しのつかない事態を招きかねない。ファンは自分たちが何をすべきか、改めて考えてみては……。

<取材・文/小窪誠子>