健康、美容、暮らし
*

「sads」ラストツアー千秋楽で12・21追加公演を発表(東スポWeb)

(公開: 2018年12月04日)




[ 元の記事 ]
出典元: ラストライブを行った「sads」(写真・柏田芳敬)

今年いっぱいで活動休止予定のロックバンド「sads」(ボーカル・清春=50)が30日、東京・品川区のステラボールでラストツアー「The reproduction 7th anniversary『FALLING』 Chapter3 TOKYO 7DAYS」千秋楽公演を行った。

 ツアー最終章はもちろん超満員で、用意された2000席がソールドアウト。全国各地から詰めかけたファンで埋め尽くされた場内は、ロックンロールの熱気が激しく渦巻く空間へと変貌した。メンバーが現われると、フロアから絶叫に近い歓声が飛んだ。

 事実上のラストオリジナルアルバム「FALLING」から1曲目の「freely」を皮切りに、「ID POP」「AMARYLIS」などの必殺のナンバーが畳み掛けられるゴージャスな展開。バンドの歴史をすべて網羅するようなパフォーマンスにファンも大熱狂だ。2度のアンコールに、最後を飾ったのは「CRACKER’S BABY」。締めくくりにふさわしい曲だったが、最後に12月21日、クラブチッタ(川崎)での追加公演が発表されるというサプライズも飛び出した。まだまだファンは夢の続きを見ることができそうだ。