健康、美容、暮らし
*

-10歳の美脚になろう!「片足立ちテスト」で診断(All About)

(公開: 2018年12月04日)




[ 元の記事 ]
出典元: 開眼片足立ちによる体力年齢チェックで、まずはあなたの脚力を診断してみましょう。

「運動の秋とは言うけれど、芸術の秋、食欲の秋の方が好き。運動は苦手」という人も多いかと思います。

本来、運動は痩せるためにするのではなく、「筋力を維持し、健やかな生活を送ること」が目的のはずです。では、まずあなたの脚力チェックをしてみましょう。

これは、厚労省が年齢とともに脚力が弱まり、歩行が困難になる高齢者を減らそうと、「開眼片足立ち(両目を開けての片足立ち)」が20秒以上できる人の割合を、同省の長期計画「健康日本21」に数値目標として盛り込む方針を決めたものです。因みに40歳以上も対象になっています。
出典:「片足立ちテスト」厚労省より

やり方は簡単です。素足で立ち、両手も楽な状態で下げます。目を開いたまま片足を床から離してそのままキープ。いかがですか? フラフラしたと言う人は、既に筋力が低下しているかもしれません。ちなみに、片足立ちテストの基準値は下記。ご自分の脚力は何歳でしたか?

【年齢】:【平均】   
20~29歳:70秒
30~39歳:55秒
40~49歳:40秒
50~59歳:30秒
60~69歳:20秒

このテストで年齢よりも結果が悪かった人は、脚の筋力や平衡感覚が低下しているかもしれません。スキマ時間での運動を習慣にしてみましょう。さらに、それで年齢よりも若く見える美脚が手に入ればさらにラッキーですよね。