健康、美容、暮らし
*

【16歳農業アイドル自殺訴訟】2月開廷を前に、所属事務所がまさかの “逆提訴”(週刊女性PRIME)

(公開: 2018年12月26日)




[ 元の記事 ]
出典元: 自ら命を絶った大本萌景さん

今年3月、愛媛県を拠点に活動する地方アイドル『愛の葉Girls』のメンバーだった大本萌景さんが、16歳という年齢で自ら命を絶った。

【写真】スタッフから萌景さんに送られた高圧的なLINE

「所属事務所社長によるパワハラや過酷な労働環境が原因として、遺族が同社代表らに約9200万円の損害賠償を求めて提訴しました。大本さんは、昨年ごろからイベントで10時間以上、拘束されるなどの過酷な労働や、所属事務所側からパワハラを複数回受け、精神的に追い詰められて自殺に至ったと原告側は主張しています。

 遅刻や忘れ物で罰金5000円などペナルティーが多々ある一方で、報酬は月平均3万5000円ほどであるなど、“奴隷契約”と言える環境だったそうです」(スポーツ紙記者)