健康、美容、暮らし
*

大阪・松井知事が定例会見12月26日(全文3完)住民投票後も大阪は分断されてない(THE PAGE)

(公開: 2018年12月31日)

[ 元の記事 ]
出典元: 「法定協の議論はまだ十分ではない」と松井知事

大阪府の松井一郎知事は26日、定例会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「松井一郎・大阪府知事が定例会見(2018年12月26日)」に対応しております。

     ◇     ◇

NHK:すいません、NHKの【ノガミ 00:47:35】です。公明党とのこの文書、今日公開されたわけですけれども、公明党の幹部はこの紙が出たら破談だというふうに話している方もいて、もう事実上の破談のようにもわれわれは受けるんですけども、知事として今後、公明党と協議しようっていう構えっていうのは。

松井:だからそういうことを言われること自体が、余計、信頼をなくしますよね。紙出したら破談にするんなら、これ、紙の値打ちまったくないじゃないですか。最初から、これはやっぱり、この紙はわれわれをうまくごまかすために、適当に名前を書いておこうよという、そう言われてるのと一緒ですからね。なんのためにこの紙で約束したんですかね。

 だから僕は出したくはなかったけど、きちっと信義が成り立っているんであれば。成り立ってないんですもん。ぜひ、公明党はそういう信義というところを一番大切にされる、うそをつかないということを大切にされる人たちだと思うんでね、もう今回、われわれに対しても、やっぱりわれわれは誠意を持って対応してきたんだから、信義を守った対応をお願いしたいと思います。
本文:7,366文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。