健康、美容、暮らし
*

純烈リーダー・酒井 友井に対し「僕の中ではあいつは死にました」(東スポWeb)

(公開: 2019年01月16日)




[ 元の記事 ]
出典元: 左から小田井涼平、白川裕二郎、酒井一圭、後上翔太

昨年大みそかの「第69回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たした男性歌謡グループ「純烈」が15日、女性トラブルから引退した元メンバー・友井雄亮(38)に関する会見を都内で行い、リーダー・酒井一圭(43)は「僕の中ではあいつは死にました」と純烈をやっている間は会うことはないと言い切った。

 友井は、過去に交際相手の女性に対しDVや金銭の使い込みをしたことなどを「週刊文春」に報じられ、先日、グループからの脱退および引退を表明した。この日は、残りの4人のメンバーが会見し、酒井は記事に書かれていることを友井に一つひとつ確認を取ったそうで「本人を含めて引退するしかないなと決断しました」と語った。

 喜怒哀楽が激しく「人一倍リアクションが早い」(酒井)といわれていた友井だが「女性を殴っているというイメージができない。見抜けなかった。リーダーとしてどこを見てたのかな。ずっと残念に思います」と語った。最後に酒井から言われた言葉を友井は会見で「バカヤロー」だったと話していたが、この日は「一つひとつのことに首をたてに振る友井を見て、これはちょっと無理だよ、一緒に純烈はできない、とんでもないことをしたんだぞという思いで『バカヤロー!』ではなく『バカヤロー…』といった」という。

 他のメンバーにも事実関係が伝えられ、小田井涼平(47)は「犯罪ではないかもしれないが、それに近い状態」とし「残すという選択は考えられない。友井も今までと同じようにステージには上がれない」と断じた。

 女性へのDVや3000万円の使い込みなどについて一切、メンバーに語ったことはなかったようで、役者時代から友井を知り、弟のようにかわいがっていたと伝えられている白川裕二郎(42)は「11年間やってきて、全てを伝えてくれなかったのが残念。すごく悔しいです」と語った。

 これから純烈は、この日深々と頭を下げた4人で行動していく。24日には明治座で前川清の座長公演に出演し、ファンの前に登場する予定だ。酒井は「このまま失速して笑われる人生はイヤ。この年を“苦労元年”として、いつの日か、また紅白に選んでいただけるグループにはい上がれるよう頑張る」と力強く語った。