健康、美容、暮らし
*

武道館使えない!日テレ「24時間テレビ」代替会場探し難航(東スポWeb)

(公開: 2019年01月17日)

[ 元の記事 ]
出典元: 今年は日本武道館では見られないのか

今年で42回目を迎える夏恒例のチャリティー番組「24時間テレビ」(日本テレビ系)が、例年通りの開催のピンチに直面しているという。おおむね8月20日過ぎの土・日曜に放送されている24時間テレビだが、司会者ら番組メンバー、観客が集まる日本武道館の使用がこの時期は不可能に。時期をずらす選択肢もあるが、他の会場探しにも動きだした。

「今年は8月24、25日の予定なのですが、いつもの日本武道館では25日から世界柔道が行われる。その後は来年の東京五輪に備えて改修工事に入るというんです。代替会場を探しているのですが、これがなかなか見つからなくて…」とため息をつくのは日テレ関係者。

 プレ五輪イヤーの今年は各競技でテスト大会が実施される。五輪会場の日本武道館で8月25日から9月1日まで行われる柔道の世界選手権も、その一つとなる。一方、夏の風物詩と言われる24時間テレビも、昨年(8月25、26日)、一昨年(8月26、27日)など、多くが8月20日過ぎの土・日曜日に放送されてきた。それが今年はバッティングとなった。

 日テレ側としては放送時期を繰り上げる選択肢もあるが、代替会場探しも視野に入れている。武道館近くということで、これまでさまざまなな会場が候補に挙がった。法政大学の体育館、さらには靖国神社まで検討されたものの、多数のスタッフや視聴者が集まることができる場所となると、かなり限定される。

 とりわけ選定を難しくさせているのが看板企画の「チャリティーマラソン」。コースの撮影許可申請や警備対策の書類を監督官庁に提出しなければならないからだ。

「ランナーによって毎年コースを少しずつ変えてはいるものの基本は同じなんですよ。一番の見せ場となる武道館周辺は毎回、大勢の見物人でごった返しますが、管轄するのは長年の付き合いがある麹町署。でも会場が変われば、当然警察署も変わりますからね」(制作会社関係者)

 迷った揚げ句、現段階で有力候補になっているのが両国国技館。だが、五輪ボクシング会場である国技館についても、ここにきて問題が浮上しているという。

「国技館の一部の設備に対しても、耐震工事が行われる予定であることが判明したんです」(事情通)

 これに大慌ての日テレは国技館側と現在調整中だという。

「国技館がダメだったときの腹案として東京国際展示場も急きょ検討されている」(同)とのことだが、果たしてどうなるやら…。