健康、美容、暮らし
*

IZ*ONEが日本初イベント 宮脇咲良「女性の憧れのグループになったらいいな」(東スポWeb)

(公開: 2019年01月22日)

[ 元の記事 ]
HKT48・宮脇咲良(20)らが所属するグローバルガールズグループ「IZ*ONE(アイズワン)」が20日、東京ドームシティホールで日本デビューシングル「好きと言わせたい」(2月6日発売)の記念イベントを行った。

 韓国のアイドルオーディション番組で勝ち抜いた日韓12人のメンバーで構成され、AKB48グループの活動を2年6か月休止している宮脇、HKT48・矢吹奈子(17)、AKB48・本田仁美(17)の3人が参加。昼夜2公演で計4000人のファンにデビュー曲を初披露した。

 ステージで一人ひとりが日本語で自己紹介。センターのチャン・ウォニョン(14)は「(日本で)初めてのステージなので、すごくドキドキしたけど、皆さん、良かったですか?」と聞くと、大きな大歓声が起こったり「ありがとうございます」と感謝した。

 観客は女性が7割以上。本田は「日本の『ウィズワン』(ファンの総称)の方にパフォーマンスするのは初めてなのでうれしいです。女性の方がこんな多いとは思っていなかったので、ビックリしています」と笑顔を見せた。

 昼公演と夜公演の合い間には囲み取材に対応。2013年にHKTとしてデビューしている宮脇は「私自身としては2度目のデビューなので、また違った私の魅力を見せていけたらいいなと思います」と改めて決意表明した。

 東京ドームシティホールといえば、前日(19日)までAKB48グループが連日、公演を行ったが「何度も立ったステージなんですけど、アイズワンとして立つと、雰囲気や光景も全く違って『また新しくデビューしたんだな』とすごく新鮮な気持ちになりました」と明かした。

 報道陣からグループのセールスポイントを聞かれると、メンバーを見ながら「みんなかわいい!」「みんなスタイルも良くて、女性の方の憧れのグループになったらいいなと思います」を目を輝かせた。

 今後の目標については、メンバーみんなでレッスン場で話し合った“夢”を告白。矢吹が「みんなで『東京ドームに立てるくらい大きくなろう』って」と話せば、宮脇も「東京ドームに立てるように、練習も頑張って努力したい」と力を込めた。

 また、HKT48・指原莉乃(26)が4月にグループから卒業することを聞かれ、宮脇が「さっしー(指原)はHKTのために人生をかけて頑張ってくれた。その分、私たちがこれからアイドル界を盛り上げていきたい」と意気込めば、矢吹も「ずっと憧れだったので卒業は寂しいけど、前向きな卒業だと思うので、これから私たちも全力で頑張っていけたら」と続いた。