健康、美容、暮らし
*

東京でも「1.17」ともす 阪神大震災24年 神戸から分灯(THE PAGE)

(公開: 2019年01月24日)

[ 元の記事 ]
出典元: [画像]日比谷公園でともされた「1.17希望の灯り」。神戸から分灯され、空輸で運ばれた

6434人が亡くなり、3人が行方不明となった阪神・淡路大震災の発生から24年を迎えた17日、東京都千代田区の日比谷公園で、平成最後となる追悼行事「1.17のつどい」(阪神淡路大震災1.17のつどい実行委員会主催)が開かれた。寒空の下、震災の経験者だけでなく未経験者も含めた約200人が参加。地震発生時刻から12時間後となる午後5時46分ちょうどに、参加者全員で黙とうを行い、大震災の犠牲者に思いを寄せた。

【動画】神戸・平成最後の「1.17」祈りの時 阪神淡路大震災から24年