健康、美容、暮らし
*

勤労統計問題で特別監察委が報告(全文3)組織的不関与が問題(THE PAGE)

(公開: 2019年01月26日)

[ 元の記事 ]
出典元: 左から樋口委員長、廣松毅委員

厚生労働省の「毎月勤労統計」で不適切な調査が行われてきた問題で、関係職員への聞き取り調査を行っていた特別監察委員会が、22日午後に記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードは「勤労統計問題 特別監察委が調査結果を報告 午後4時半から(2019年1月22日)」に対応しております。

     ◇     ◇

共同通信:共同通信の【ヤマモト 00:56:42】ですけども2点伺います。

樋口:すいません、どちら?

共同通信:共同通信のヤマモトです。2点、伺います。1点目は抽出調査実施を始めた経緯について、東京都についても、ほかの3府県についても、都道府県からの要望があったというヒアリングの、供述内容がここに書かれてますけれども、都道府県側には確認しておられるのか、委員会としてですね。というのが1点と。あと、組織的関与の有無について、ここにある文言は今、荒井先生がおっしゃった【***ブブン00:57:10】読んでみますと、16ページに審議会に掛けると問題があると思ったとか、あるいはその下に、【チーム 00:57:19】の職員のみで議論したと。少なからず、そのレベルは問わず、職員間で議論はあり、なおかつ、取り上げないようにしようとしたという供述もあるので、これは蒸し返すようで恐縮なんですけども、これは組織で合議の上で判断して、まさに不作為によって臭い物に蓋をするわけじゃないですけども、隠蔽しようとしたということじゃないのかどうか、あらためてちょっと樋口先生にもご意見を伺いたいです。2点です。
本文:7,476文字

この記事の続きをお読みいただくには、THE PAGE プラスの購入が必要です。