健康、美容、暮らし
*

宇野常寛氏、「いじり」という名の「いじめ」に抗議しイベント途中退席。その線引きは?(THE PAGE)

(公開: 2019年02月07日)




[ 元の記事 ]
出典元: 写真:アフロ

評論家の宇野常寛氏が、「カジサック」の名前でユーチューバーとして活動する、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太氏に対して、イベントで失礼な対応を受けたとして怒りをぶちまけています。

 トラブルが発生したのは、2月2日に開催されたホリエモン万博というイベントで行われたチャンバラ合戦大運動会です。宇野氏はこのイベントに招待されていましたが、カジサック氏から失礼な絡みを受けたことから、イベントを途中で退席しました。宇野氏はその後、途中で退場したことをツイッターに報告。カジサック氏はその場で「みんなが面白くなるためにした」と形式的に謝罪はしたそうですが、宇野氏は納得していないようです。

 その後、カジサック氏は事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーを通じて「芸人として当たり前のことをしただけだから特に謝罪しない」というコメントを宇野氏に送付したことから、宇野氏が激怒。「現場では慌てて(イイワケしながら)謝っていたくせに、大組織に守られると途端に態度がデカくなるんだと思った」と発言がヒートアップしています。

 宇野氏は、相手が納得していない状態では「いじり」というのは、単なる「いじめ」に過ぎないとして、テレビのバラエティ番組的な手法を強く批判しています。カジサック氏の相方であるキングコングの西野亮廣氏を引き合いに、「(カジサック氏は)イジメバラエティを縮小再生産することしかできなかった」「才能というものの残酷さについて考えさせられる」とかなり手厳しいツイートを行っています。一方、カジサック氏は一連の騒動について今のところ何もコメントしていません。