健康、美容、暮らし
*

どんより顔に見せる顔の“くすみ”をイキイキ顔に見せるテク(Suits-woman.jp)

(公開: 2019年02月14日)

[ 元の記事 ]
出典元: お肌のくすみはグッと老けて見える一因に。

「冬らしい」と言えばその通りですが、やはり今年の寒さは厳しい!寒いと動きが緩慢になるうえ、寒さから身を縮めて筋肉はガチガチに……。すると当然血行が悪くなり、肩こりや不眠など、さまざまな不調を体にきたします。その影響はもちろん肌にも!血行不良で十分な栄養が肌へ運ばれなくなると、肌の代謝リズムが乱れ、乾燥をはじめ、肌荒れや敏感肌を引き起こしてしまいます。中でも、冬の“くすみ悩み”は深刻に。起き抜けの血色の悪さ、夕方のどんより感はやはり気になりますよね。

くすみの原因は決して1つではありませんが、この時期は、寒さによる血行不良が大きな原因。だからこそ、スキンケアは“温かさ”にこだわってお手入れをするようにしてみてください。たとえば、肌に塗布するときは手をこすり合わせて温めてから行なう、寒い部屋でスキンケアをしないなど。また、首元を温めると全身の巡りがよくなるので、スキンケアは必ず首元、できればデコルテまでケアするようにしてみてください。

さらに、肌が乾燥して肌表面がカサカサするとその部分が影となってくすんで見えます。特に湿度が低い今は、化粧水や美容液だけでケアを終わらせるのはNG。乳液やクリームできちんとフタをして潤いをキープするようにしましょう。また、意外にこの時期見落としがちなのがメラニンの影響。美白ケアというと夏に行うイメージが強いものですが、紫外線対策の手を抜きがちなこの季節は、知らず知らずのうちに紫外線ダメージが蓄積し、メラニンの影響が出てきます。この先の美白ケアを成功させるためにも、今から美白ケアを取り入れるのがくすみ脱出の一手と言えます。