健康、美容、暮らし
*

千葉大学が「自費留学」を必修に 国立大学なのに留学費用が出せないと卒業できない?(THE PAGE)

(公開: 2019年02月16日)

[ 元の記事 ]
出典元: 写真:アフロ

国立の千葉大学が、全学生を対象に、留学を必修にすると発表したことが話題となっています。グローバル時代にふさわしいと評価する声がある一方、国立大学において、費用のかかる留学を必修化することについては批判的な意見も出ているようです。

 千葉大学ではこれまでグローバル人材を育成するため、積極的に他国の大学と学生交流協定を結んできました。今後はこうしたネットワークを生かし、2020年度以降の入学生から留学を必修とします。学部生については最長2カ月程度の留学が想定されており、本人の意向に合わせて、語学留学、異文化学習、専門研究まで幅広いプログラムを準備します。大学院生については、自身の専門分野を中心にプログラム作成についても自主的に行うことを求めていきます。

 同大学には学部生1万人、大学院生が3500人ほど在籍していますが、文系・理系を問わず、すべての学生に対して留学を必修とするのは、国立大学としては初の取り組みになります。

 これからの時代においてはグローバルな環境で学ぶことが非常に重要となりますから、留学を重視するという同大学の方向性は時代の流れに沿ったものといってよいでしょう。異なる文化圏の生活を実体験することによって、視野が大きく広がる効果が得られるのはほぼ間違いありません。