健康、美容、暮らし
*

【貧困女子】無責任彼氏とダラダラ8年同棲で結婚と子供を断念、最後の手段はシニア婚活で永久就職!?(Suits-woman.jp)

(公開: 2019年02月19日)

[ 元の記事 ]
出典元: 営業で苦しかったのは、全く興味が持てない話を、真摯にメモを取りながら聞くことだったという。

女性誌『Suits WOMAN』で注目を集めた「貧困女子」。これは普通の毎日を送っていたはずが、気がつけば“貧困”と言われる状態になってしまった女性たちのエピソードです 。

前回はこちら→【貧困女子】“パパ”が倒れたら強制終了。アラフォー女子の忘れられないセレブ生活と、現在の居候生活……

お話を伺った北村美緒子さん(仮名・40歳)は、現在昼と夕方の数時間働いて生活しています。月収は手取りで約10万円、彼と生活していますが、互いに収入が少ないため、結婚も子供もあきらめたと言います。

「彼とは会社を辞めてから8年ほど一緒に住んでいますが、仕事もコロコロ変わるし、何しているかわからないんです。でも、家賃(1DKのアパート・6万円)は払ってくれるし、DVやモラハラもない。気が合うので、一緒に住んでいます」

美緒子さんが8年前に会社を辞めた原因は、上司のパワハラ。インターネット関連会社に勤務していましたが、仕事にやる気が出ず、営業成績も下降。「給料泥棒」と上司から言われ続け、会社を辞めました。

「モチベーションを上げ続け、顧客を開拓し続ける。ひとつ契約を取ったら、さらに大口契約を求められる……。もう最後のほうは辛くて、辛くて。あれは生き地獄ですよ。上司から『よくやった』と言われたことは、すべてそいつの手柄になるし、自分が“鵜飼いに操られる鵜”になったイメージです。営業って、個客最優先の右向け右の軍隊組織。自分の大切なもの……これって“魂”みたいなものかな……が少しずつ摩耗していって、ある日突然擦り切れてしまった」