健康、美容、暮らし
*

“玄米婚”篠田麻里子の新境地 人妻となり危険な色気開花?(東スポWeb)

(公開: 2019年02月24日)




[ 元の記事 ]
出典元: 篠田麻里子

アイドルグループ「AKB48」元メンバーの女優・篠田麻里子(32)が、16日に3歳年下の実業家と結婚していたことが20日に分かった。AKBの元祖神7(セブン)では前田敦子(27)に続き、2人目の結婚。映画、ドラマ関係者の間では“人妻・マリコ様”として、危険な香りタップリの色気が満開となるに違いないと期待する声が噴出している。同時に、AKBのOGメンバーにも多大な影響を及ぼしそうだ。

 この日、所属事務所がマスコミ各社に宛てたファクスで、篠田の結婚を発表し、本人も直筆のメッセージを添えた。

 出会いは昨年10月の友人を交えての食事会。2度の食事会を経て、初めて2人きりで食事をした際に、男性からプロポーズされたという。

 出会ってわずか4か月足らずでの電撃婚。篠田は「彼とは2度友人を交えて食事する中で、玄米を食べて育ったところや、理想の家族像、将来像などの共通点が驚くほど多く、お互い素の自分でいられることでお付き合いをしてもいないのに結婚ということを自然に意識することが出来ました」と男性にひかれていった過程を明かし「『一生一緒にいたい』と心から思えた方です」と喜びをつづった。篠田はツイッターで「これが噂の玄米婚」とつぶやいた。

 AKBの元祖神7メンバーでは、昨年7月に俳優・勝地涼と結婚した前田に続き2人目の既婚者に。篠田は「お仕事はこれからも一生懸命続けさせて頂きます。これからも篠田麻里子を応援宜しくお願いいたします」と決意を明かした。

 現在、篠田はフジテレビ系「後妻業」でホステス役を好演。4月19日に始まる英ドラマのリメーク作品「ミストレス~女たちの秘密~」(NHK)の撮影も控えている。

 事務所関係者によれば、挙式・披露宴は親族のみで、大規模には行わない予定。今後も女優を中心に芸能活動を続けていくというが、ドラマ関係者は結婚によって女優業に“好影響”が出るに違いないと期待を込めてこう明かす。

「篠田さんや前田さんのような国民的なアイドル出身の女優は、どうしても当時のイメージが視聴者に付きまとってしまう。いかにアイドルからの脱皮を印象付けるかが大事になるんです。その点で、結婚したことは女優としてプラスに働くでしょうね。これからの結婚生活などが演技の幅を広げることにもつながると思います」(前同)

 すでに篠田は、2017年に公開された映画「ビジランテ」で危険な美人妻の悪女役を演じ、同作でセクシーなラブシーンにも挑戦している。

「メガホンを取った鬼才・入江悠監督も“結婚していないのにすごい!”と篠田の演技を絶賛していた。だからこそ、早くも多くの関係者から“人妻・マリコ様”に対して、かつて『極道の妻たち』シリーズで人気を博した『岩下志麻や高島礼子のような危険な色気を醸し出す女優になってほしい』と期待する声が出ている」(映画製作スタッフ)

 妖艶な人妻のにおい立つような色気を漂わせ、過激なラブシーンを演じる姿を関係者たちは今から想像しているようだ。

 電撃結婚した篠田には、高橋みなみ、小嶋陽菜、板野友美、秋元才加ら多くの元AKBメンバーからSNSなどで祝福コメントが寄せられ、SKE48・松井珠理奈やAKBグループ総監督の横山由依ら現役メンバーもお祝いの言葉を贈った。

 AKB関係者は「前田に続き、篠田の結婚で、まだ結婚していないOGメンバーから『いいな~!』『私も結婚したい!』などとあちこちで声が上がっている。2人が結婚した後も仕事面で存在感を示せれば、いいお手本にもなる。元AKBメンバーの結婚ラッシュが起こるかも」と指摘する。マリコ様の電撃結婚は、自身にも周囲にも好循環を生みそうだ。